• 朝汐
  • 2

淡白な皮むき餡と、ほのかな自然薯の香りが自慢の名菓・朝汐
風流堂二代目、隆平が創製しました

100年以上前、二代目店主隆平が初代店主が北西の風が日本海の大波が岩肌に打ちつけ、白いアワとなって散っていく景色をお菓子にして「朝汐」と名付けました。
それ以来、朝汐は松江の代表銘菓として広く親しまれております。

大和のつくね芋と北海小豆を使用。餡はていねいに皮をのぞいた皮むき餡です。
一見普通のじょうよ饅頭ですが、その美味しさは格別。
俳人の中村汀女さんは「朝汐は私にぴったりでした」と『ふるさとの菓子』に書いておられます。

お祝い用の「紅白朝汐」、仏事用の「青白朝汐」もご用意しております。

 

<手提げ袋について>

環境保護並びに廃棄物削減への取り組みの一環として、手提げ袋(ビニール袋、紙袋)の有料化を開始させて頂きます。
お手数ですが、手提げ袋をご希望のお客様は、こちらからお選びください。

 

<箱サイズ> 単位cm 

 高さ手提げ袋目安
4入21.76.54.0ビニール・ミニ
8入22.513.94.2
12入22.520.64.5
16入22.527.24.5
20入22.534.34.5
24入 22.539.74.9幅広

 

商品情報